山陰支部研究会 倉吉の集い2/8

西日本図書館学会山陰支部研究会 平成25年度倉吉の集い

 平成26年度に正式に発足予定の西日本図書館学会山陰支部では、山陰両県の館種を越えた司書や司書教諭の方など図書館に関係する方たちを対象とした研究会を開催します。毎回テーマを決めて、それぞれの図書館の現場で抱えている課題や疑問にヒントを得られるような、ワークショップを中心にした参加型の研究会です。

第1回目の今回の研究会のテーマは「読書」。活字離れが指摘されて久しいですが、現在はメールやネットの情報など、日常的に文字を読む量は増えているとも言われています。どうすれば本の世界の奥深さや読書の楽しみを伝えていくことができるでしょうか。読書とは本を読むという意味に留まらず,本に対して老若男女人それぞれに異なった「考え」があります。自らの読書体験をもとに、いかにすれば人々に読書の楽しみを伝えていくことができるかを語り合いましょう。

参加された山陰両県の図書館関係者や図書館に関心を持つ市民の方が、研究会をとおしてゆるやかなネットワークを形作ることも、ねらいの一つです。多数の皆さんのご参加をお待ちしています。

 

テーマ:自らすすんで読書をするには

日時:平成2628日(土)12時~1730

場所:鳥取短期大学 D205教室

参加費:500

 

◆学生駐車場を無料でご利用いただけます。

◆連絡先:鳥取短期大学 宍道勉

Tel:0858-26-1811(代) Fax:0858-26-1813

E-mail:tsutomus@ns.cygnus.ac.jp

日程

12:0013:00 ランチセッションランチを食べながら情報交換をしませんか?鳥取短期大学の授業紹介・活動紹介や一箱古本市も開催します!ランチを持参のうえ、ご参加ください。※ランチ購入希望の方は、事前にご連絡ください。

 

13:0013:10 開会、会の趣旨説明
13:1014:10 第一部 パネルディスカッションそれぞれの立場で「読書」とどう関わっているかを話していただき、会場からの質問,意見を受けていきます。パネリスト:学校図書館関係者 倉光信一郎(米子市立尚徳小学校校長)

         公共図書館関係者 西尾肇(鳥取市市立図書館長)

         その他      森田一平(山陰中央新報)

 

14:1014:25  ブレイクタイム 
14:25 第二部 ワークショップ会場参加者とともに5人~6人のグループをつくり、第一部の意見をもとに現状と問題を整理し、改善を提案してもらいます。 
14:2514:35 ワークショップ説明
14:3516:20 グル―プディスカッション
16:2016:50 発表・質疑応答
16:5017:00 閉会 
  次回の集いについて 
懇親会